HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【文科省】「疾患関連遺伝子研究」‐3疾患領域の研究推進へ

2009年8月14日 (金)

 文部科学省は、2008年度から始まった「個人の遺伝情報に応じた医療の実現プロジェクト」(第2期)をさらに推進するため、「疾患関連遺伝子研究」を3疾患領域で開始する。

 プロジェクトは、第1期を03年度から07年度まで実施。第1期では、対象とする生活習慣病等の疾患について、66機関の協力を得て、東京大学医科学研究所のバイオバンクジャパンが、30万症例に及ぶDNAなどの試料・臨床情報を収集。さらにこの試料を用い、理化学研究所がSNPタイピング・解析を行った。

 08年度から始まった第2期は、引き続きオーダーメイド医療を実現するため、第1期で構築したデータや資源を円滑に最大限活用するため、バイオバンクの安定的な維持・運営を図り、疾患関連遺伝子研究を推進していくことを目指している。

 今回の「疾患関連遺伝子研究」では、第2期終了までの5年間に、主なバイオバンク収集疾患について、疾患関連遺伝子の特定を達成し、順次、関連SNPの医療応用を行うことを目標にしてる。

 09年度は、国民の健康に特に大きな影響を与える、▽肝臓関連疾患領域(B型慢性肝炎、C型慢性肝炎、肝硬変、肝癌)▽産婦人科関連疾患領域(子宮筋腫、子宮内膜症)▽骨・筋肉関連疾患(骨粗鬆症、筋萎縮性側索硬化症、関節リウマチ)--の3領域を進める。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録