HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

ネット利用のホームヘルスケア普及で日本地域委員会発足

2006年11月15日 (水)

設立を発表するウィットリンガー代表
設立を発表するウィットリンガー代表

 パソコンなどの端末とネットワークを活用して、医療機関や家庭で測定した血圧や血糖値などの患者の検査データを診療所、病院、家庭で共有し、医師らから助言も受けられるような遠隔健康管理システムの実現を目指す国際的メーカー団体の日本地域委員会が13日に発足した。日本でも同システムの導入を進めるのが狙い。そのため、異なるメーカー製品同士を接続する規格ガイドラインを2007年秋までに策定するとともに、実現に必要な規制について政府に対し働きかけを行う。

 この団体は「コンティニュア・ヘルス・アライアンス」(代表・インテル社デジタルヘルスグループヘルスケア・デバイス・スタンダード担当ディレクターのデイビッド・ウィットリンガー氏)。世界では67社が加盟し、製薬企業ではファイザーやバクスターなども参加。

 日本地域委員会には、インテル、エー・アンド・デイ、オムロンヘルスケア、、コナミスポーツ&ライフ、シャープ、松下電器産業の6社がまず参加した。今後、団体への加盟を他の企業にも促す。接続規格は既存の規格を基準の設定するといしている。

 来日したウィットリンガー氏は、「共同作業を通じてホームヘルスケアのエコシステムを実現できると考えている。このシステムから、様々なベンダーの製品を組み合わせて世界の人々の健康を大きく増進する新しい価値提案が生まれる」と、団体による取り組みの意義を話した。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録