HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【製薬協】国際共同治験の実施環境整備でEUに調査団を派遣

2006年11月15日 (水)

 日本製薬工業協会は12月、国際共同治験の実施要件を探るためEUに調査団を派遣することになった。実施機運が高まる国際共同治験だが、取り組みの実際を調べることで、厚生労働省の「有効で安全な医薬品を迅速に提供するための検討会」や医薬品医療機器総合機構に対する提言、今後の会員企業間の取り組みに生かし、実施環境の整備につなげたい考え。

 EUを調査対象にしたのは、国ごとの民族差や医療環境などの差を背景した実務経験が、今後、日本での規制や審査基準などの実施要件を検討するのに参考になると判断したため。

 調査は12月6012日まで、医薬品評価委員会のメンバーを中心に7人が派遣される。調査対象はEMEA、EFPIA、大手製薬企業、医療施設など。医薬品評価委は、年度内にも調査結果をまとめたいとしている。

 調査では、臨床データパッケージにかかわるガイドラインの運用状況、これに対応した地域・施設の選定や開発デザインにかかわる製薬企業側の実務の詳細を把握する。それを踏まえ、日欧間の規制要件、審査基準、開発デザイン、治験環境の違いを明らかにする。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録