HOME > 無季言 ∨ 

「風見鶏」

2009年09月28日 (月)

◆当初耳慣れなかったシルバーウイークが終わる間もなく、連日、各メディアは鳩山政権の外交デビューの話題を取り上げ、国内では前原国土交通相を中心にしたダム・航空会社問題で盛り上がっている。一方、自民党総裁選は中面へと押しやられ、時代の流れの速さ、「慣れ」に驚きを隠せない

◆先日もある県で自民党の政治集会が開かれ、“元議員”らが反省の弁を述べたという。現場にいた日本薬剤師会幹部の1人は、盛り上がらなかったと語る。目前に10月を控え、既に「物言えば唇寒し秋の風」といったところか。来年夏の参議院議員選挙の推薦候補はどうなることやら、心配するご同輩も多いのではなかろうか
◆今回の衆議院議員選挙の結果は、自民党政権への失望感、刺激を求める国民の意識などもあろうが、“二大政党制”を含め、日本でも民意により、政権交代が実現することが示された
◆風見鶏。俗に、時流に合わせることの巧みな人のたとえとされるが、「風に抗して立つ前向きで雄々しい様子」といったプラスイメージもあったやに聞く。秋の夜長、大義と戦略を練る時間はあろう。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報