直接的レニン阻害剤「ラジレス錠150mg」を発売 ノバルティスファーマ

2009年10月19日 (月)

yakuji_photo

 ノバルティスファーマは直接的レニン阻害剤「ラジレス錠150mg」(一般名:アリスキレンフマル酸塩)を新発売した。

 ラジレスは、高血圧治療薬として、十余年ぶりの新規作用機序を持つ直接レニン阻害剤。レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系の上流に位置する酵素「レニン」を直接的に阻害することで、血漿レニン活性を抑制し、アンジオテンシンI以降の全てのアンジオテンシンペプチドの産生を抑制する。国内外の臨床試験では、単独療法でアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)と同等の降圧効果を示している。

 用法・用量は、アリスキレンとして150mgを1日1回経口投与する。効果不十分なときは、300mgまで増量できる。薬価は、150mg1錠168・00円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報