HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【中外製薬】新薬ラッシュで営業体制を強化

2006年11月29日 (水)

永山社長
永山社長

 中外製薬は、新規抗癌剤の「タルセバ」や「アバスチン」など8品目について、2006年中の国内での承認申請を目指して取り組んだ結果、目標を達成できる見通しとなった。永山治社長は、都内で行った記者懇談会で「過去の中外の体制では新薬ラッシュに対応できない」として、重点戦略領域である癌領域の営業体制を強化し、来年以降の抗癌剤の上市に対応していく考えを示した。また、「タルセバ」や「アバスチン」など特異性の高い分子標的薬をはじめ、新規の抗癌剤であることから、市販後安全管理はトップダウンで強化することを決めた。

 癌領域では、「ゼローダ」(カペシタビン)の大腸癌の術後補助療法の適応追加、進行性再発非小細胞肺癌治療剤の「タルセバ」(エルロチニブ)、進行再発大腸癌治療剤の「アバスチン」(ベバシズマブ)をそれぞれ今年4月までに承認申請。近く「ハーセプチン」(トラスツズマブ)についても、乳癌の術後補助療法剤として承認申請できる見込みだ。

 中外では、2007年にゼローダ、タルセバ、アバスチンの3品目、08年には年にハーセプチンの承認取得を期待している。そのため、10月1日付で営業本部内に「オンコロジーユニット」を新設し、癌領域の営業を強化した。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録