HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日病薬・病院薬剤部門の現状調査】持参薬管理は半数が実施‐ICTは4割が取り組む

2009年11月5日 (木)

 日本病院薬剤師会が行った「病院薬剤部門の現状調査」で、一般病院3481施設のうち、全ての入院患者に対して持参薬をチェックし、医師などと情報の共有化を図っている施設が半数を超え、2年前の前回調査(40%)に比べ、11ポイント伸びていることが分かった。また、チーム医療への取り組みでは、栄養サポートチーム(NST)への参加施設が最も多く、1953施設(56%)に上ることも分かった。

 調査は、病院における薬剤師の業務実態を把握するためのもので、日病薬に加盟する医療機関のうち、20床以上を有する6737施設を対象に行った。回答施設数は4144施設(回答率は61・5%)。そのうち集計に用いることができたのは4083施設だった(一般病院3481、精神科病院602施設)

 一般病棟での持参薬についてはこのほか、一部の患者に対して持参薬をチェックし、医師などと情報共有している施設が1359施設(39%)、入院患者に対して持参薬のチェックはしているが、医師などへの情報提供を行っていない施設が87施設(3%)あり、取り組んでいない施設は163施設(5%)で、ほとんどの施設が何らかの形で管理を行っていた。

 チーム医療への取り組みでは、感染制御チーム(ICT)の一員として活動している施設が1453施設(41%)、褥瘡対策チームへの参加と回診に同行している施設が1152施設(33%)、緩和ケアチームへの参加が752施設(21%)と続いた。

 薬剤師の病棟常駐は、まだ少数施設にとどまっているが、全病棟を対象に薬剤師を配置する体制に取り組んでいる施設が204施設(6%)あり、一部の病棟のみに常駐させている施設が188施設(5%)あった。

 薬剤管理指導の施設基準を届けているのは、約8割の2751施設。届けていない施設は、施設基準に満たないが292施設(8%)、実施したが入手できなかったが261施設(7%)あった。

 夜間宿直体制があるのは607施設(17%)あり、オンコール対応が1341施設(39%)、夜間体制がないが1201施設(35%)、居残り対応が261施設(8%)だった。

 休日体制としては、日直体制があるのが1062施設(31%)、オンコール対応1140施設(33%)、半日日直体制が206施設(6%)、ないのが1029施設(30%)などとなっている。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録