HOME > 無季言 ∨ 

臨床から基礎学問へ

2009年12月07日 (月)

◆6年制の薬学教育のあり方について、現場の薬剤師らから意見を聞く機会が多い。とある人から最近、「基礎を積み上げた上で臨床を教えるのではなく、それをひっくり返した方がいい」と聞いた。その意見に賛成だ
◆まずは臨床の知識や実態を知り、そこでの問題解決には基礎学問が役立つことを実感する。その上で基礎学問を学ぶのと、それを知らずに学ぶのでは、学習の姿勢が全く異なってくるからだ。学ぶ必要性を実感していなければ、勉強する気が起きないのは当然といえる
◆現場の薬剤師からは「学生の時に、基礎をもっと真剣に学んでいたらよかった」と反省の弁を聞く。基礎的な知識や考え方が、医師や看護師とは異なる薬剤師の大きな武器になることを、臨床に出て痛感した。「だから、今になって必死で勉強している」という
◆現実的には、基礎を後回しにしたカリキュラムを編成するのは困難だ。しかし、基礎を担当する教員が、臨床の実態を紹介しながら、基礎を学ぶ必要性を説くことは、明日からでも始められる。まずは、教員自身が率先して臨床について知る必要があるだろう。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報