HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【製薬協】中間決算の概況まとめる‐円高が影響し売上は微増

2010年1月14日 (木)

インプロセス研究開発費、減少し二桁増益

 日本製薬工業協会は、東証1部に上場する製薬協加盟26社の2010年3月期中間決算(連結)の概況をまとめた。売上高は、薬価改定がなかった国内で売上が増加したものの、業績を牽引していた海外売上が円高の影響を受けて減少し、微増収にとどまった。利益面では、海外企業の大型買収に伴い、前年同期に計上されたインプロセス研究開発費が大きく減少し、大幅な二桁増益となった。ただ、これら特殊要因を除くと、営業利益は微減益に落ち込んだ。

 売上高全体は、前年同期比1・3%増の3兆7474億円。増収19社、減収7社となった。国内売上は、非医薬品事業の売上減、子会社の連結除外などが響いたが、薬価改定がなかったことから主力品が伸長し、2・8%増の2兆4056億円となった。

 好調を維持してきた海外売上は、活発に行われた海外企業の買収・子会社化が売上増に寄与したものの、円高による為替差損の影響を大きく受け、1・4%減の1兆3418億円と減少に転じた。また、海外売上高比率も0・9ポイント減の35・8%と低下し、円高の影響を色濃く反映した中間決算となった。

 営業利益は、増益13社、減益13社となった。前年同期に、海外企業の買収・子会社化に伴うインプロセス研究開発費を計上した影響で、研究開発費が大きく減少。販管費が圧縮された結果、28・8%増の7346億円と大幅増益となった。

 ただ、インプロセス研究開発費の減少という特殊要因を除くと,研究開発費は微増となっており、営業利益も微減益に落ち込んでいる。

 実質的には、薬価改定がなかったにもかかわらず、微増収、微減益という厳しい内容となった。

 10年3月期の通期見込みは、引き続き円高や研究開発費の増加が影響し、売上高は3・4%増の7兆4895億円、経常利益は5・1%増の1兆2837億円と予測している。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録