HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【薬食審医薬品等安全対策部会】一般薬のリスク区分、7成分の変更検討へ

2010年3月30日 (火)

 薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会は、一般用医薬品(第1類薬)のリスク区分の妥当性を検討する成分として、毛髪用薬の「ミノキシジル」や、水虫・たむし用薬「ラノコナゾール」など7成分を選定した。

 部会では、これら2成分に加え、▽アレルギー用薬「アゼラスチン」▽代謝性医薬品「アデノシン三リン酸」▽鼻炎用内服薬「ケトチフェン」(ただし、点鼻剤を除く)▽鎮痛・消炎薬「ケトプロフェン」(ただし、貼付剤に限る)▽口内炎用薬「トリアムシノロンアセトニド」――の検討が提案された。

 今後は有識者などからの意見聴取や、パブリックコメントを経て、第2類薬や第3類薬への変更が妥当かどうかについて、同部会で検討する予定。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録