HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

大腸癌患者のKRAS検査‐専門医の8割が実施

2010年8月6日 (金)

 大腸癌の治療で、専門医の8割が何らかの形でKRAS遺伝子検査を実施していることが、メルクセローノが行った調査結果で明らかになった。KRAS遺伝子が野生型であると判明している場合、専門医の約9割がセツキシマブなどの抗EGFR抗体薬を選択していることも分かった。

 調査は、メルクセローノが市場調査会社のニールセン・カンパニーに依頼し、国内の専門医100人を対象に実施したもの。その結果、大腸癌の治療に当たって、KRAS遺伝子検査を一部の症例で実施している医師が50%、ほぼ全例に実施している医師が30%と、専門医の80%が何らかの形でKRAS遺伝子検査を実施していることが分かった。

 また、大腸癌患者のKRAS遺伝子が野生型であると判明している場合、専門医の31%がセツキシマブなどの抗EGFR抗体薬を全例に選択し、56%が一部の患者に選択していることが判明。合わせて87%の医師が抗EGFR抗体薬を選んでいることが明らかになった。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録