HOME > 無季言 ∨ 

加速する創薬研究のアウトソーシング

2010年8月25日 (水)

◆創薬研究のアウトソーシングが加速している。製薬企業を取り巻く環境変化は多角化、新興国シフトへ加速しているが、これは新薬の創出が難航している裏返しでもある。特に最近は、莫大な研究開発費に見合った新薬を上市できていないことが、自社で探索部門を抱えることをさらに難しくさせている
◆製薬企業の探索部門はバリューチェーンの核心部分で、これまで日本の研究者が発明してきた新薬は、世界で新薬を創出できる数少ない国としての存在感を示した。まさに国の科学技術水準そのものの証明でもあった
◆ところが、新薬開発コストの高騰化が進んだ結果、時間と費用を削減するために探索研究の外注を余儀なくされた。現在、世界の大手製薬企業が有するパイプラインは、多くがバイオベンチャー由来の品目といわれ、各社挙ってアライアンス戦略を強化していることを見ても、既に自社研究体制の軽量化は進んでいるのかもしれない
◆今後、部分的でも創薬研究の外注が加速していくとなれば、ますます“仮想企業化”は進むだろう。それがあるべき姿かどうかは,多角化後に見えてくるかもしれない。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録