HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【第一三共】抗RANKL抗体「デノスマブ」を国内申請‐適応は癌骨転移による骨病変

2010年8月27日 (金)

 第一三共は、抗RANKL抗体「デノスマブ」について、癌骨転移による骨病変の適応で国内申請を行った。同社が抗体医薬品を申請するのは初めてとなる。

 デノスマブは、破骨細胞の形成・活性化に欠かせない蛋白質「RANKL」をターゲットとした世界初の完全ヒト型モノクローナル抗体。

 骨転移した癌細胞は、パラサイロイドホルモン関連タンパク(PTHrP)を分泌し、骨芽細胞にRANKLを発現させ、前破骨細胞に発現するRANKと結合することで、破骨細胞への分化を促進する。破骨細胞が増えると、骨を溶かすことで、骨の中に豊富にあるTGF‐βやIGFなどの物質が骨から溶け出し、癌細胞を刺激して骨転移巣が生じると考えられている。デスノマブはそうした転移成立機序のうち、RANKLを阻害することで、破骨細胞の形成を抑制する。

 第一三共は、2007年に米アムジェンからデノスマブの国内独占的開発・販売権を取得。以後開発を進め、癌骨転移による骨病変の適応で申請を行った。現在骨粗鬆症の適応症でも第III相試験段階にある。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録