HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日中韓薬事関係局長級会合】臨床試験での民族差要因について具体的検討開始へ

2010年9月24日 (金)

 厚生労働省医薬食品局審査管理課は24日、韓国・ソウルで先月開かれた日本、中国、韓国の薬事関係局長級会合、ワーキンググループの結果を公表した。それによると、臨床試験における民族差の要因研究について、中国が専門家を登録し、既に登録されている日韓の専門家と共に、具体的検討を進めることが確認された。次回会合は来年秋に日本で開催する。

 日中韓薬事関係局長級会合は、2007年の3カ国保健大臣会合の合意を受け、治験データの相互利用の検討を目的に、翌年から毎年開かれている。今回9月13日の第3回会合には、日本から厚労省の宇津忍企画官、医薬品医療機器総合機構の富永俊義氏ら、中国から食品薬品監督管理局の薬品注冊司長ら、韓国から食品医薬品安全庁医薬品審査部長らが出席。ワーキンググループには、各国の業界や研究者も参加した。

 厚労省の発表によると、ワーキンググループの規約を最終的に合意したほか、民族的要因を研究する三カ国の専門家の登録が完了したという。また、臨床試験分野に関連する情報交換の内容・方法等について検討を進め、その他の分野については、日本で来年開く次回会合で検討することとなった。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録