HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】向精神薬の過量服用防止で通知

2010年9月24日 (金)

 厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部精神・障害保健課と医薬食品局総務課は、自殺との関連が指摘されている向精神薬の過量服用防止に向け、日本薬剤師会、日本病院薬剤師会に対して、協力を求める通知を発出した。

 通知では、適切な服薬指導の徹底および向精神薬等の処方せん確認に係る疑義照会が行われるよう、会員に周知徹底すると共に、薬剤師を対象とした過量服薬の実態と対策に関する研修会を開くことを求めている。

 厚生労働省の自殺・うつ病対策プロジェクトチーム(PT)が、9日にまとめた過量服薬の防止対策では、薬剤師を「適切な医療に結び付けるキーパーソン」と位置づけ、不眠に悩む人への受診勧奨をはじめ、処方内容や処方履歴などから、向精神薬乱用が疑われる患者に対して、「よく眠れているか」などの声かけや、処方された薬が適量かどうかチェックし、処方医への疑義照会を積極的に行えるような仕組みを構築することなどを盛り込んでいる。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録