HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】インフルエンザの流行期入りを発表

2010年12月24日 (金)

 厚生労働省は24日、今年の第50週(12月13~19日)の感染症発生動向調査で、インフルエンザの定点当たり報告数が、流行の目安としている1・00を上回る1・41となり、インフルエンザの流行シーズンに入ったとを発表した。流行期入りは平年並み。

 今シーズンは、季節性、新型(A/H1N1)のいずれも流行の可能性があるとした。季節性は特に高齢者で重症化しやすい傾向があること、新型は子どもや成人を含め、広い年齢層で重症化する場合があることから、全ての人たちがインフルエンザに注意するよう呼びかけている。

 このため、▽「咳エチケット」を心がける▽できるだけ人混みを避ける▽外出後の手洗いの励行▽咳・くしゃみがでらたマスクの着用--などの予防策を採るよう勧めている。また、今年は、全ての年齢を対象に、新型ワクチン接種事業を行っており、「季節性、新型両方に効果があるワクチンを接種することができる」とPRしている。

 相談窓口も月曜日から金曜日(祝祭日、12月29~1月3日除く)までの、午前9時から午後5時まで開設している(電話03・3234・3479=保健同人社)

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録