HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【中外製薬】次世代品の「アクテムラ」が臨床入り‐独自抗体技術を応用

2011年2月4日 (金)

 中外製薬は、インターロイキン(IL)‐6受容体抗体「アクテムラ」の次世代製品「SA237」について、国内治験を開始した。有効成分であるトシリズマブに、効果を持続させる中外独自の抗体技術を応用し、投与量や投与頻度の少ない関節リウマチ(RA)治療薬の開発を目指す。

 「SA237」は、中外がアクテムラの次世代製品と位置づけるIL‐6受容体抗体で、昨年12月に健常人対象の国内治験を開始した。有効成分であるトシリズマブに、中外が独自開発した抗体工学技術を用いることで、抗体の作用が長時間持続するようにした。

 中外が開発した新規抗体技術は、抗体1分子が繰り返し標的抗原に結合し、その作用を何度も遮断することが特徴。従来のモノクローナル抗体の場合、抗体1分子は標的抗原と一度だけしか結合できず、抗体の作用も1回しか遮断することができなかった。新たな抗体技術を用いることで、トリシズマブが血中内にとどまる時間を持続させる。

 既に前臨床試験では、アクテムラに比べてIL‐6受容体の遮断時間を4倍以上持続させる結果が得られており、トリシズマブの薬効や安全性を維持しながら、投与量・投与頻度を減らせる可能性がある。

 今後、中外は新規抗体技術を、様々な抗体医薬に応用可能な技術として、「SA237」のみならず、他の開発品にも適用していきたい考え。現在、複数品目が前臨床試験段階にあるという。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録