HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【サノフィパスツール日本法人】IPVを国内開発へ‐国の要請受け開始

2011年5月31日 (火)

 サノフィパスツール日本法人は、ポリオ(急性灰白髄炎)の単抗原不活化ワクチン(IPV)の国内開発をスタートさせる。生ワクチンから不活化ワクチンへの移行を進める国の要請に対応するもので、現在国内で第III相試験段階の4種混合ワクチンに加え、ポリオ単独のIPVについても、早期の国内導入を目指す。

 サノフィパスツールは、サノフィ・アベンティスと北里研究所、第一三共の4者で、ジフテリア・百日咳・破傷風・IPVの4種混合ワクチンの国内共同開発を行っており、現在第III相試験段階にある。こうした中、4種混合ワクチンの承認に合わせ、「ポリオ単独のIPVも国内で使用できるようにすることが望ましい」とする国の方針を受け、早期にIPVの国内開発に着手することを決めた。治験の概要や着手時期は未定としている。

 仏サノフィパスツールは、1982年に「IMOVAX Polio」の製品名でIPVを発売し、世界91カ国で承認を取得している。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録