HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【アステラス製薬】米BVとADC共同開発‐多発性癌に発現する「ネクチン‐4」が標的

2011年6月10日 (金)

 アステラス製薬の米子会社アジェンシスと米バイオベンチャーのシアトルジェネティクスは、抗体‐薬物複合体(ADC)「ASG‐22ME」の共同開発を開始する。今後両社は、米国で固形癌患者を対象とした第I相試験に着手する方針。

 アジェンシスとシアトルは2007年1月、ADC技術に関するライセンス契約を締結。アジェンシスが開発中の「ASG‐22ME」について、共同開発を行うオプション権契約を交わしており、今回シアトルがその権利を行使した。今後両社で「ASG‐22ME」の共同開発・商業化を進め、固形癌を対象とした第I相試験をスタートさせる。

 契約により、両社は「ASG‐22ME」に関する費用・利益も折半する。シアトルのオプション権行使に伴い、アジェンシスはシアトルからこれまで発生した「ASG‐22ME」に関する開発費用の半額を受け取る。

 「ASG‐22ME」は、膀胱癌や乳癌など多発性癌に発現する「ネクチン‐4」をターゲットとした完全ヒト型抗体に、強力な合成毒素の「モノメチル・アウリスタチンE(MMAE)」を結合させたもの。

 既に両社は、ADCプログラムの一つ「ASG‐5ME」で膵癌・前立腺癌を対象とした第I相試験を共同で実施している。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録