HOME > 無季言 ∨ 

「他人の煙は嫌なもの」

2011年6月13日 (月)

◆先日、ファイザーが発表した「神奈川県公共的施設における受動喫煙防止条例に関する意識・実態調査」の結果によると、神奈川県民の87・3%が同条例に賛成だと回答した。他県でも83・1%が同様の条例導入に賛成だという
◆特に興味深かったのは、神奈川県民で喫煙している人の58・8%が条例に賛成し、56・8%が条例に対しての現状維持もしくはより厳しい規制・罰則を望んでいたという点だ
◆この点について産業医科大学産業生態科学研究所健康開発科学研究室の大和浩教授は、「本人が喫煙者でも、他人の煙は嫌なもの」「本人の煙が同席者に迷惑をかけていることを自覚している」などを理由として挙げた
◆このように、公共の場において喫煙のルールを設けることは、非喫煙者だけでなく喫煙者でも半数以上が肯定的に捉えている結果が出た。タバコの値上がりなども含め、近年の禁煙ブームも踏まえると、神奈川県の受動喫煙防止条例のような取り組みは、今後もますます拡大していきそうだ。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録