HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【旭化成】クリティカルケアに参入‐AEDの国内販売スタートへ

2011年7月14日 (木)

 旭化成は、医療関連事業の拡大に向け、クリティカルケア領域に事業参入する。米救命救急医療大手「ゾール・メディカル」が開発した自動体外式除細動器(AED)「ZOLL AED Plus」の国内独占的販売権を取得し、8月から国内販売をスタートさせる予定。将来的には、AEDとして40億円の売上達成を目指す。

 旭化成は、今年からスタートした中期経営計画で、医療関連事業の拡大を戦略の柱に位置づけている。その一環として、4月に「これからの医療プロジェクト」を立ち上げ、新事業創出を検討してきた。

 こうした中、救命救急医療を強みとするゾールと提携。ゾールが米国で販売中のAED「ZOLL AED Plus」の国内販売権を取得し、クリティカルケア領域に参入する。さらに今後、他の医療機器や医療関連事業でも、ゾールとの提携拡大を視野に入れており、協議していく方向。

 「ZOLL AED Plus」は、日本初の心肺蘇生法(CPR)フィードバック機能つきAED。加速度センサーが装備されており、心臓マッサージの速度、深度を測定できるほか、施術者に適切な心臓マッサージが実施されているかを、音声でアドバイスする機能が付加されている。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録