HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【官民政策対話】新たな医薬品・医療機器戦略策定へ‐年明けから議論着手

2011年12月15日 (木)

 関係閣僚と医薬品・医療機器業界団体のトップが14日、厚生労働省内で官民の政策対話を行い、今年度末で目標期間を終える「革新的医薬品・医療機器創出のための5カ年戦略」に続く新たな政策パッケージを策定する方針を確認した。産学官で構成する内閣官房の医療イノベーション室を活用して、年明けにも議論を開始する見通し。

 現行の5カ年戦略は、2007年4月に官民対話の場で取りまとめた。研究資金の集中投入、臨床研究・治験環境の整備、薬事審査の迅速化・質の向上などの医薬品や医療機器の開発促進策を描き、その後のドラッグラグ、デバイスラグ解消などに向けた取り組みに道筋をつけた。

 今回の官民対話は、舛添元厚労相が主催した09年6月から2年半ぶりで、民主党政権になって初の開催。

 産業界から後継戦略を要望したところ、小宮山厚労相が検討を約束した。

 この日の会合には、行政側から小宮山氏のほか石田内閣府科学技術政策担当副大臣、神本文部科学政務官、北神経済産業政務官が出席。民間側は、医薬品業界から庄田日本製薬団体連合会会長、手代木日本製薬工業会会長、梅田米国研究製薬工業会在日執行委員会委員長、加藤欧州製薬団体連合会会長が、医療機器業界から荻野日本医療機器産業連合会会長、吉田日本医療器材工業会会長、デビッドW・パウエル米国医療機器・IVD工業会会長、ダニー・リスバーグ欧州ビジネス協会医療機器委員会委員長が出席した。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録