HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省検討会】血液製剤価格適正化へ‐日赤の努力に期待

2012年1月30日 (月)

 厚生労働省の「血漿分画製剤のあり方に関する検討会」が、3月の薬事・食品衛生審議会血液事業部会への最終報告に向け、意見集約に入った。輸血用を含む血液製剤の価格を適正化するために、日本赤十字社に対してより一層のコスト削減努力を求める方向だ。

 血液製剤の価格をめぐっては、海外や原料血漿との価格差が大きい新鮮凍結血漿に関する認識が、検討会では強い。また、アルブミン製剤の自給率が、DPC制度の導入以降に安価な輸入製剤に押されて低下していることから、原料血漿価格を引き下げる観点からも、国や日本赤十字社が効率よく採血する方法を考える必要性を指摘する。

 また、ワクチン接種との関係で通常献血だと高力価血漿が確保できず、特殊免疫グロブリン製剤の自給率が極めて低いことも課題になっている。そこで、針刺し事故による感染防止のためにB型肝炎ワクチンを接種する医療従事者を対象に、B型肝炎の免疫を持つ血液から抗体を抽出して製造する「抗HBs人免疫グロブリン製剤」の自給率向上策を探っていく。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録