HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】インフル患者が3倍増

2012年1月30日 (月)

 厚生労働省がまとめたインフルエンザ発生状況で、1月22日までの今年第3週の患者数が定点医療機関1施設当たり22・73(患者報告数11万2035)で、前週7・33の約3倍に達した。

 定点報告に基づいて、全国の医療機関を1週間に受診した患者数を推計すると、総数は約111万人となるという。特に60際以上の占める割合が昨シーズン同期と比べて高い。

 都道府県別の定点当たり報告数は福井の59・88が最も高く、以下は高知59・31、三重52・17、岐阜49・79、愛知49・03、和歌山41・48などが高かった。

 大流行の発生や継続が疑われる「警報レベル」を超える保健所地域は141カ所、4週間以内に大流行する可能性のある「注意報レベル」は262カ所で、いずれも増加した。

 昨年末からの5週間のウイルでは、AH3亜型(A香港型)が最も多い。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録