HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日病薬】病棟業務ガイドライン作成へ‐薬剤管理指導と区分け必要に

2012年2月22日 (水)

 日本病院薬剤師会は、「病棟薬剤業務実施ガイドライン」を作成する。診療報酬改定で入院基本料に「病棟薬剤業務実施加算」が新設されたことを受け、「薬剤管理指導料」と病棟業務加算を明確に区分する必要が生じたため。

 ガイドラインでは、薬剤師の病棟業務のアウトカムとして、[1]薬物療法の有効性・安全性向上[2]病状の改善、精神的安定を含めた患者のQOL向上[3]医薬品の適正使用推進による治療効果の向上、副作用防止による患者利益への貢献[4]病棟における薬剤(注射剤、内服剤等)に関するインシデント減少[5]薬剤師の専門性を生かしたチーム医療と多職種連携の推進--などを挙げる。

 その上、で病棟専任薬剤師の業務として「薬剤管理指導業務」と「病棟薬剤業務」それぞれの具体内容を示すことにしている。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録