HOME > 無季言 ∨ 

GE薬促進のキープレーヤーは

2012年3月5日 (月)

◆20%台前半で横ばいのまま推移するジェネリック薬(GE薬)の数量シェア。政府目標である2012年度中の30%達成に向け、その使用は今後さらに進むのか。「さらに進む」「伸び悩む」という相反する見解を最近耳にした
◆「進む」という見解の根拠はこうだ。診療報酬の加算新設を受け、一般名での処方箋発行が促進される。また、処方箋様式の変更によってGE薬への変更不可を指示しにくくなる。さらに「薬剤服用歴管理指導料」の算定要件が変わり、患者へのGE薬に関する情報提供が進むといったことが挙げられている
◆一方「伸び悩む」という見解の根拠は次の通り。薬局での「後発医薬品調剤体制加算」の算定要件が厳しくなり、22%以上5点、30%以上15点、35%以上19点に引き上げられる。現状でも30%に達する薬局は少ない。この算定獲得を諦める薬局が多数生じてしまう
◆GE薬の使用促進に関わる重要なプレーヤーは医師、患者、そして薬剤師だ。果たして今春以降、三者はどのような動きを見せるのだろうか。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録