HOME > 書籍 ∨ 

【書籍】社会保険薬価基準2012年4月版

2012年3月9日 (金)

社会保険 薬価基準2012年4月版

見本ページPDF

特長

(1) 平成24年(2012年)4月1日実施 薬価基準全面改定対応版。

(2) 平成24年3月5日厚生労働省告示第79号等に基づき編集。

(3)「使用薬剤の薬価(薬価基準)に収載されている医薬品について(平成24年4月1日現在)」(厚生労働省、平成24年3月5日公表) に準拠して
http://www.mhlw.go.jp/topics/2012/03/tp120305-01.html
次のマークを個別に付与して編集。
1. 先:薬価基準制度において「先発医薬品」として整理しているもの
2. ○:同一剤形・規格の後発医薬品がある先発医薬品[同一の含量であって、剤形が「錠剤(普通錠・口腔内崩壊錠)とカプセル」又は容器が「瓶、管、袋等のもの」については、「同一剤形・規格」として整理](内外歯:897件、注射薬:308件)
3. 後:診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品(平成24年3月5日公表により更新済)
4. ★:後発医薬品であるが、診療報酬において加算等の算定対象とならないもの(先発医薬品と同額は又は薬価が高いもの)

(4) 統一名収載品・日本薬局方収載品目(第16改正)の官報告示に非告示の品目も含めて全ての薬価基準収載品目収録(18293件)。

(5)「処方せん医薬品」の識別マークを個別に表示(内用薬・外用薬・歯科用薬剤)。

(6) 経過措置品目に経過措置期限識別マーク付を期限に応じて区別して表示。平成24年8月31日迄が使用期限の経過措置品目:□経、平成25年3月31日迄が使用期限の経過措置品目:○経。

(7) 新一般名称対応による成分名表記。最新添付文書準拠。

(8) 用法用量欄には、必要に応じて標榜薬効その他も記載し、より詳細・充実した豊富な情報量となっております。可能な限りにおいて用法用量の差異も反映に務めました。

内容

 内用薬、外用薬、歯科用薬剤をまとめて品名50音順(注射薬のみ別建)配列。

 薬価基準に、製造販売承認取得会社名(販売会社名)(3月5日官報告示日時点)、用法・用量、成分名(新一般名)、薬効分類、後発品、劇薬・毒薬・麻薬・覚せい剤原料・日局(官報告示・非告示の区別有)・向精神薬・生物由来製品・特定生物由来製品、のマークを可能な限り付し、調剤報酬算定の必要事項がコンパクトにまとまった充実の内容。内用薬・外用薬・歯科用薬剤については、処方せん医薬品マークを個別付与。

 今回新たに、先発品、後発医薬品のある先発品、診療報酬において加算の対象とならない後発品にもフラグを付け、薬価基準に関連する情報を集約して、保険薬局の先生に便利にご利用いただけるように編集いたしました。

○調剤報酬点数表(平成24年3月5日厚生労働省告示第78号別表第三)全文掲載。


【判型・頁】B5判 総680頁
【定価】3,200円(消費税等別)
ISBN:978-4-8408-1203-0


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

書籍 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録