【新製品】一包化調剤の鑑査業務を支援するシステム製品化 アインファーマシーズ、パナソニックヘルスケア

2012年4月9日 (月)

一包化薬鑑査支援ロボットシステム
一包化薬鑑査支援ロボットシステム

 調剤薬局大手のアインファーマシーズは、調剤薬局における一包化薬の鑑査業務を支援する「一包化薬鑑査ロボットシステム」について、パナソニックヘルスケア(本社東京港区)と共同で実証実験を行ってきたが、このほど製品化を実現した。同システムは99・5%以上という高い判定性能が得られ、薬剤師の業務に適したシンプルな操作性を実現したのが特徴で、パナソニックヘルスケアが3月末から国内販売を開始した。

 「一包化薬鑑査支援ロボットシステム」は、パナソニックヘルスケアが2010年に開発したもので、独自の画像認識技術を搭載し、一包化薬の計数カウントを行うロボットシステム。2010年10月から12年3月にかけて、アインファーマシーズの展開する調剤薬局で実証実験を行ってきた。同製品により、調剤業務全体の20%を占める一包化薬の鑑査業務を支援することで、薬剤師のヒューマンエラーの低減や、専門知識を生かした業務へのシフトが可能になり、調剤業務全体が効率化できる。

 独自の画像認識技術により、薬包に記載されている文字を読み飛ばし、薬包の中にある錠剤等を高精度に認識する画像処理を搭載している。ワンタッチで薬包の画像を確認できるなど、シンプルな画面構成とタッチパネルで簡単操作を実現している。薬剤棚や自動包装機と並べて配置できるコンパクト設計。計数鑑査速度は1分間30包以下で、重量は約100kg。オープン価格。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録