HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【HS財団調査】未充足ニーズに高い貢献度‐新薬登場で大幅に向上

2012年4月12日 (木)

 ヒューマンサイエンス振興財団は、2010年度の医療ニーズを調査し、注目される疾患の治療満足度や薬剤貢献度を分析した結果をまとめた。過去3回の調査結果と比べて、癌や関節リウマチ、炎症性腸疾患、パーキンソン病、HIV・エイズ、慢性C型肝炎等、アンメットメディカルニーズの大きい疾患で新薬の貢献度が高いことが明らかになった。

 調査は、1994年度から約5年ごとに行われ、10年度は4回目。対象とした60疾患のうち、注目する疾患について調査結果の分析を行った。

 「感染症」の薬剤貢献度を見ると、慢性B型肝炎が前回05年調査の55・4%から88・4%、慢性C型肝炎が50・0%から87・5%、MRSAが49・2%から75・7%、HIV・エイズが32・4%から81・8%と向上し、特にHIV・エイズの新薬貢献度が飛躍的に上昇していることが分かった。

 「新生物」は、胃癌、大腸癌、肝癌、肺癌、乳癌、前立腺癌、白血病の7疾患で薬剤貢献度が上昇。05年以前と比べると、最近5年で最も変化が大きい領域となった。胃癌を除く6疾患では、薬剤貢献度が20ポイント以上も向上しており、特に肺癌が15・5%から55・5%、乳癌が34・4%から68・3%、白血病が50・9%から91・3%と大幅に貢献度が高まった。これに伴い、治療満足度も10ポイント以上の高い上昇率を示した。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録