【新製品】深在性真菌症治療薬「カンサイダス」を新発売 MSD

2012年4月23日 (月)

 MSDは、深在性真菌症治療薬「カンサイダス点滴静注用50mg、同70mg」(一般名:カスポファンギン酢酸塩)を新発売した。

深在性真菌症治療薬「カンサイダス点滴静注用50mg、同70mg」

 カンサイダスは、ヒトの細胞では生成されない真菌細胞壁の主要構成成分である1,3-β-D-グルカンの生合成を阻害することで、深在性真菌症の主要起炎菌であるカンジダ属、アスペルギルス属に対する抗真菌活性を示す。

 カンジダ属、アスペルギルス属による真菌感染症のほか、キャンディン系抗真菌薬で唯一となる「真菌感染症が疑われる発熱性好中球減少症」の適応症で承認を取得している。薬価は、50mgが1万6256円、70mgが2万1992円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録