HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【第一三共】バイオ後続品事業に参入‐米ベンチャーと提携

2012年5月10日 (木)

 第一三共と米バイオベンチャー「コヒーラス・バイオサイエンシス」(CB)は、抗TNFα阻害剤「エタネルセプト」(先発品名:エンブレル)と抗CD20抗体「リツキシマブ」(先発品名:リツキサン)のバイオ後続品について、日本・韓国・台湾における事業化で提携すると発表した。抗体医薬を含むバイオ医薬品事業を強化する第一三共は、CBから2製品を導入し、バイオ後続品市場への早期参入を目指す。

 今回の提携により、第一三共は、CBが創出したエタネルセプトとリツキシマブについて、日本・韓国・台湾での開発・販売権を取得する。また、CBが持つ製造技術の利用許諾を受け、両品目を日本国内で生産できるオプション権も保有する。

 第一三共では、両品目の開発方針などは明らかにしていないが、生産体制については、国内拠点を前提に検討を進めているという。販売体制についても、第一三共本体とジェネリック医薬品事業を手がける国内子会社「第一三共エスファ」のどちらで扱うかを今後検討していく方針だ。

 CBは、バイオ後続品事業に特化したベンチャー企業。自社製造設備は持たないものの、CMO・CROを活用した製造・開発のネットワークを構築しているのが強み。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録