HOME > 無季言 ∨ 

コンプライアンス体制の再確認を

2012年5月16日 (水)

◆悲惨な事故が相次いでいる。しかも防げない事故ではないことが共通している特徴だ。ツアー客だろうが宿泊客だろうが、客を相手にする業界人は客の生命を守ることを第一に考え、そのための施策を講じることが最優先されるべきである
◆大儀はそうだが、利益を追い求めざるを得ない民間企業では、このことがまま欠落してしまうことがある。国家でも同様であり、1業界、特定企業のために国民を生命、健康上の危険に晒すことなどは、愚の骨頂だ
◆日本は、世界第2位の経済(規模)大国などに比べれば、遵法精神ははるかに高いが、それでも死傷者を出す大きな事故が発生する。故意は当然、うっかりや気の緩みなどという言い訳は、命に対して絶対に通用しない
◆薬業界では、世界や国内の他産業に比べてもトップレベルの厳しい規制があることは周知の事実だ。それでも、コンプライアンスに反したケースが散見される。医薬品という生命関連商品に携わる全ての関係者が今一度、褌のひもを締め直す必要があるのではないだろうか。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録