HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】早期・事前的対応が基本‐新たな認知症対策まとめる

2012年6月19日 (火)

 厚生労働省の認知症施策検討プロジェクトチームは18日、「今後の認知症施策の方向性」をまとめた。「早期・事前的対応」を進めるため、専門職による「認知症初期集中支援チーム」創設、「身近型認知症疾患医療センター」を全国に300カ所程度整備する目標などを盛り込んだ。また、不適切な薬物使用を防ぐため、「認知症の薬物療法に関するガイドライン」の策定に着手する。

 新たな施策では、これまでの「自宅→グループホーム→施設・一般病院・精神科病院」という不適切なケアの流れを変えるため、標準的な認知症ケアパスを構築することを基本目標としている。

 そのため、認知症の人が認知症行動・心理症状などにより、「危機」が発生してからの「事後的な対応」から、今後は「危機」の発生を防ぐ「早期・事前的な対応」を基本とする。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録