HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】在宅訪問、1人薬剤師に負担‐かかりつけ薬局調査まとめる

2012年7月6日 (金)

ハイリスク薬、一包化へ課題

 厚生労働省の「薬局のかかりつけ機能に係る実態調査」報告書がまとまった。在宅医療では常勤1人薬局で、深夜早朝の時間外訪問が5割を占めるなど、薬剤師への負担が大きい実態が分かった。調剤報酬では多くの薬局が、一包化加算の算定要件に満たず薬局の持ち出しとなっていた。ハイリスク薬の薬学管理でも、半数の薬局が算定基準の課題を指摘した。

 調査はかかりつけ薬局の機能強化を目指し、▽これまでの調剤報酬改定を踏まえた、薬局における患者指導の実態把握、課題の明確化▽医療と介護の棲み分け、訪問薬剤管理指導のニーズの洗い出し――を目的に実施した。全国の保険薬局管理薬剤師を対象とし、701件から回答があった(回収率70・1%)


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録