HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】後発品割合、上位6県が27%超-調剤メディアス3月号

2012年8月29日 (水)

18都府県は平均に届かず

 厚生労働省の「最近の調剤医療費(電算処理分)の動向」2012年3月号によると、診療報酬改定直前の昨年度末時点における保険薬局の後発品調剤率が、数量ベースで全国平均23・7%となり、前年同期から1・3ポイント上昇した。都道府県別では、沖縄と鹿児島が政府目標の30%を上回り、続く山形、熊本、富山、岩手の6位までが27%を超えた。秋田と徳島は20%に届かなかった。

 数値は社会保険診療報酬支払基金と国民健康保険団体連合会が審査した調剤電子レセプトの集計。処方箋枚数、医療費いずれも調剤全体の99%を占める。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録