HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日薬】自殺大綱見直しへ意見提出‐適正使用面からの役割強調

2012年8月30日 (木)

 日本薬剤師会は、内閣府自殺対策推進室の自殺総合対策大綱」見直し素案に対する意見を提出した。日薬ではインターネット等での不正医薬品の流通防止、学校薬剤師活動等を通じて知識普及に貢献する上での研修機会等の支援など、医薬品が適正に使用される環境の整備、過量服薬対策の充実を求めた。2007年に政府が推進すべき自殺対策の指針として定めた、「自殺総合対策大綱」が5年を経過したことから、有識者や現場で活躍する関係団体、民間団体等の意見を踏まえ「見直しの素案」を作成し、意見募集していた。

 日薬では、[1]過量服用対策の充実[2]医薬品が適正に使用される環境整備――の二つについて意見を提出した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録