HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】無菌調剤室、共同利用可能に‐施行規則を改正

2012年8月31日 (金)

 薬局の無菌調剤室を共同利用するための法令環境が整った。厚生労働省は「薬事法施行規則の一部を改正する省令」を公布し、無菌調剤室を持たない薬局が無菌製剤処理が必要な薬剤を含む処方箋を受け付けた場合、事前に契約を交わした他の薬局の無菌調剤室を利用して無菌製剤処理を行えるようにした。クリーンベンチや安全キャビネットの共同利用は対象外。また、調剤報酬の取り扱いは変わらないため、施設基準を満たさなければ無菌製剤処理加算は算定できない。

 無菌調剤室は、無菌状態で麻薬などの注射剤や高カロリー輸液を調製する上で必要な設備。無菌製剤処理を行った薬剤を治療に用いる需要は高まっているが、全ての薬局が高額な無菌調剤室を設置することは困難なため、共同利用を可能にする省令改正を行った。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録