HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

女性研究者、10万人超す‐製薬産業では5人に1人

2007年04月16日 (月)

 総務省は、2006年科学技術研究調査の結果を基に、「わが国の女性研究者の動向」を公表した。それによると、女性研究者数は初めて10万人を超え、全体に占める割合も過去最高となった。研究を行っている主体別では、大学等が3分の2を占めた。

 調査結果を見ると、日本の女性研究者は堅調に増加を続けており、1953年に科学技術研究調査を開始して以来、初めて10万人を突破し、10万2900人となった。前年の9万8700人から4200人増加した。研究者全体に占める女性の割合も11.9%と、過去最高となった。

 研究を行っている主体別に見ると、「大学等」が6万3400人で最も多く、全体の3分の2を占めた。次いで「企業等」が3万3800人、「公的機関」4600人、「非営利団体」1200人と続いた。研究者全体に占める女性研究者の割合は、「大学等」で21.5%、「企業等」では6.5%だった。

 また「大学等」について、研究部門別に女性研究者の割合を見ると、「人文・社会科学」が28.0%、「自然科学」が18.0%となっている。「企業等」では、「食品工業」が24.6%で最も多く、次いで「医薬品工業」の22.2%、「卸売業」20.3%と続いている。これに対し最も低いのは「運輸業」で1.5%。「鉄鋼業」1.7%、「金属製品工業」1.7%などがそれに続いている。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報