HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【国立情報学研究所】学術論文300万件がグーグルで検索可能に

2007年04月17日 (火)

 国立情報学研究所(NII、坂内正夫所長)は、大学などに提供してきた学術論文300万件のデータを、「Google(グーグル)」から利用できるようにした。NIIでは、日本の主要学術雑誌約2800誌の電子化とオンライン提供を行ってきたが、次世代学術コンテンツ基盤整備の一環として、新たに「グーグル」からもアクセスできるようにすることで、日本の主要学術論文の国際的情報発信力の強化を図っていくことにしている。

 NIIは、大学等の教育研究機関や学会等の学術コミュニティとの連携をベースにして、学術コミュニティが必要とする学術論文、図書、データベースなどの学術コンテンツを形成・確保し、それに新たな価値を付けて社会に広く発信するための次世代学術コンテンツ基盤の構築を推進している。

 その一環として、「CiNii(サイニイ:NII論文情報ナビゲーター)」に格納された国内主要学術論文約300万件の論文データを、「グーグル」による情報取り込みの対象とした。これにより、学術情報特化型のサーチエンジンである「Google Scholar(http://scholar.google.com/)」からアクセス可能となった。

 これらの学術論文は、これまでもサイニイの検索画面から利用することができたが、今回の情報発信力強化によって、学術論文へのインターネット上の入り口が飛躍的に拡大し、研究者だけでなく、誰もがビジネス、教育、その他の日常生活の様々な場面で、手軽に学術論文を利用することが可能になる。NIIでは、今回を第一歩と位置づけ、より高品質で利便性の高い次世代学術コンテンツ基盤の構築に取り組んでいく考えだ。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報