HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省経済課】未妥結・仮納入で意見聴取

2007年04月17日 (火)

 厚生労働省医政局経済課は、未妥結・仮納入問題の解決に向け、流通当事者のヒアリングを行うなど取り組みを本格化させる。経済課が行った直近(2007年1月取引分)の価格妥結状況調査では、200床以上の病院や20店舗以上を展開するチェーン薬局で価格未妥結の状況が続いており、大きな改善が見られていないのが実情だ。こうした点を踏まえ経済課は、23日以降、主要な医薬品卸や病院団体、チェーン薬局などの流通当事者からヒアリングを行い、実態把握を行うと共に、未妥結・仮納入の改善に対する取り組みを聞く考えだ。今年度行われる薬価本調査に向け、早期妥結を目指していく。

 未妥結・仮納入問題をめぐっては、経済課が定期的に実施してきた価格妥結状況調査で、一部には昨年3月の指導通知を踏まえた取り組みが行われ、早期妥結に結びついたという報告があるものの、全体としては大きな改善が見られていない現状だ。

 直近の今年1月の調査では、全体の価格妥結率は医療機関で61.4%、薬局で60.8%だった。医療機関別では、病院43.6%(200床以上36.0%、その他68.1%)、診療所88.5%で、薬局は20店舗以上を保有するチェーン薬局が19.0%、その他薬局70.4%となっており、200床以上の病院や20店舗以上を保有するチェーン薬局で、価格未妥結の状況が続いていた。

 そのため、再び経済・医療課長の連名で未妥結・仮納入改善の指導通知を、3月29日付で発出したが、さらに現状を詳細に把握する観点から、経済課は流通当事者からのヒアリングを行うことにした。

 今回のヒアリングは、23、25の両日に全国展開している主要な医薬品卸4社から、また5月の連休明けには日本赤十字社や済生会等の公的医療団体、全国的に20店舗以上を展開する保険薬局協会加盟のチェーン薬局数社を対象に実施。価格妥結等の実態と対応策などを聴取する方針だ。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報