HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【財務省】後発品の医療費影響‐試算額を財政審に提示

2012年10月23日 (火)

 財務省は、長期収載品が全て後発品に置き換わった場合の医療費への影響額が、医療費総額でマイナス1兆5300億円(国費マイナス4000億円)に上るとの試算を15日、財政制度等審議会財政制度分科会に提示した。

 財務省が医療費適正化の具体策として示したもので、ビタミン剤などの市販品類似薬を単なる栄養補給目的で使用するケースを医療保険の対象から外した場合については、2012年度予算をベースにすると医療費の削減額が164億円程度(国費42億円程度)になると試算した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録