HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【気仙薬剤師会】仮設住宅の不要薬など回収‐多くのボランティア薬剤師参加

2012年11月9日 (金)

各地のボランティアが一堂に会し活動内容、資料等を確認

 岩手県の気仙薬剤師会(細谷昌弘会長)は3、4の両日、気仙地区(大船渡市、陸前高田市、住田町)の仮設住宅を対象に、「仮設住宅訪問くすり相談事業」を実施。さらに第2弾を10、11の両日に実施する。昨年の東日本大震災以降、ボランティア薬剤師が同地区仮設住宅を訪問し、必要な世帯に“お薬セット”を配布した。約1年半が経過し使用期限が過ぎたOTC薬が出てきたことから、再び薬剤師が各戸を訪問し、不要な薬の回収を行うと共に、居宅での服薬指導、お薬相談を行った。担当の金野良則氏(保険薬局部会長)によると第1弾では青森県、秋田県、東京都、岩手県の内陸部のボランティア薬剤師が延べ120人参加。第2弾にも延べ90人弱が参加する見込みという。

 同薬剤師会は、仮設住宅の受け入れ地区になっている住田町の協力を得て、事業費の支援を含め、各自治体の事業として、事前に「薬剤師訪問によるくすり相談」のお知らせを配布、事前公告した上で、戸別訪問を行った。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録