HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【医薬品第一部会】7件の承認・一変を了承‐パーキンソン貼付剤が登場

2012年12月5日 (水)

 薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会は11月30日、新有効成分含有医薬品のブリストル・マイヤーズの抗血小板薬「エリキュース錠」、大塚製薬のパーキンソン病・レストレスレッグス症候群(RLS)治療薬「ニュープロパッチ」など7品目を審議し、承認を了承した。


 〈審議品目〉

 ▽ニュープロパッチ2・25mg、同4・5mg、同9mg、同13・5mg(大塚製薬):新有効成分のロチゴチンを含有するドパミンアゴニストで、パーキンソン病および中等度から高度の特発性レストレスレッグス症候群(下肢静脈不能症候群)を効能・効果とする。類薬にプラミペキソール、ロピニロールなどがある。海外承認は54カ国。再審査期間は8年。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録