HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

薬剤師業務の理解進まず‐日薬・三浦副会長「国民にしっかり説明が必要」

2012年12月5日 (水)

次期改定に向け方針強調

 日本薬剤師会の三浦洋嗣副会長は2日、つくば市内で開かれた茨城県薬剤師会学術大会で講演し、2012年度調剤報酬改定で薬学的管理指導の充実が図られたことに言及し、「多くの国民が医薬分業を経験している中、われわれの仕事を患者さんに理解してもらう努力がまだ足りないのではないか」と問題提起した。その上で、「わざわざ院外薬局で薬をもらう必要があるのかという素朴な疑問に対し、どれだけ薬剤師が国民の安全・安心に寄与しているか、しっかりと説明し、その姿を見せていかなければならない」と強調。“調剤一人勝ち論”がくすぶる中、次期調剤報酬改定に向け国民への説明を強化していく考えを示した。

 12年度調剤報酬改定では、薬学的管理指導の充実が図られ、薬剤服用歴管理指導料(41点)に、お薬手帳を通じた情報提供や残薬確認などを含めて包括的に評価する仕組みが導入された。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録