HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本サプリメント学会】臨床現場への知識普及や研究成果など発信目指す

2012年12月5日 (水)

小山氏

 NPO法人の更年期と加齢のヘルスケア(東京大田区)は、先月都内で「第11回更年期と加齢のヘルスケア学会学術集会」を開催したが、この中で「日本サプリメント学会」の設立が発表された。学会は、健康維持・増進や疾患などに対応したサプリメントの学術的な知識、情報等を広く普及していくが、特に臨床現場への普及を促すのが大きな目的。

 日本サプリメント学会の設立背景として、同NPOの小山嵩夫理事長(小山嵩夫クリニック院長)は、わが国のサプリメントの現状について「健康の維持、増進にサプリメントは必要だが、その用い方、評価法などが医薬品ほど明確にされておらず、分かりにくい印象を与えている。また、医療関係者の大部分は疾患の治療を主たる目的とした、医療保険制度内で働いているため、サプリメントの理解者が非常に少ない」とする。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録