HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【文科省】スパコン「京」の研究成果‐事後評価委が初会合

2013年1月22日 (火)

 文部科学省は18日、創薬等への応用が期待されるスーパーコンピュータ「京」の研究開発プロジェクトに関して、事後評価を行う委員会の初会合を開き、研究開発目標の達成など、事後評価の観点やスケジュールを決めた。主査には、九州大学総長の有川節夫氏が選出された。また、製薬業界からは、持田製薬医薬開発本部専任主事の西島和三氏が委員に選ばれた。

 同省は、「京」を中心としたコンピュータインフラを活用し、新薬の候補物質を絞り込む期間を半減させる等の画期的な成果を生み出すため、創薬基盤等のライフサイエンス分野を戦略分野の一つと位置づけている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録