HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【財政審】後発品「一層の使用促進を」‐13年度予算編成へ意見書

2013年1月23日 (水)

 財務省の財政制度等審議会は21日、来年度予算編成の基本的な考え方を示す意見書(建議)をまとめ、麻生太郎財務相に提出した。建議では、医療費の約2割を占める医薬品について、「先発品と薬効の変わらない後発品は、使用をこれまで以上に促進すべき」と指摘。一部医薬品の患者自己負担を求める参照価格制度の導入や市販類似薬の保険外しを改めて提言した。また、70~74歳の患者負担を2割負担に戻すことに関して、「問題の先送りは許されず、直ちに取り組むべき」とした。

 建議は、医療分野について、「給付の重点化・効率化に向けた不断の取り組みが必要」と安易な公的負担への依存をけん制。このうち、診療報酬改定による価格規制について、「そもそも総額規制としての効果に限界がある」とした上で、2010年度と12年度の連続プラス改定を挙げ、「その統制力が減耗しつつある」と効果に疑問符を投げかけた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録