HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【OTC協】くすり教育支援を含めセルフM意識の高揚へ‐所得控除実現にも注力

2013年1月31日 (木)

吉野氏

 日本OTC医薬品協会は23日、都内で会見を行い、最近の大きな出来事として、「生活習慣病に対する薬がスイッチOTCとして承認されたこと」と「行政府がセルフメディケーションやOTC医薬品の重要性を認めるようになったこと」を挙げた。その上で、2013年度の活動計画として、[1]セルフメディケーションの普及活動[2]OTC医薬品枠の拡大[3]薬剤師の教育・研修におけるセルフメディケーションとOTC医薬品の位置づけを高める──という三つに重点的に取り組んでいく考えを示した。

 会見で吉野俊昭会長(ロート製薬)は、昨年を振り返り、「年末に政権交代があり、特筆すべきことは自民党の政策公約の中にセルフメディケーションの普及、スイッチOTC医薬品の推進ということが、具体的に挙げられたことだ」と指摘。「これは今後、セルフメディケーションを推進していく上で、大変大きな力になると思う」とした。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録