HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】処方箋電子化へ省令改正‐2~3年後メドに実現目指す

2013年2月25日 (月)

 厚生労働省は、処方箋電子化の実現を後押しするため、2~3年後をメドに省令改正を行う方針を打ち出した。今後、薬局のフリーアクセス保証や多重使用の回避手順等の課題を実証実験で確認し、解決する道筋をつけたい考え。その上で、医療機関と薬局の実施環境が整った地域から、電子処方箋を運用できるよう省令改正によって後押ししていく。

 厚労省が医療情報ネットワーク基盤検討会に示した報告書案では、医療機関で処方箋を電子的に作成、交付し、薬局での保存が可能となるよう、2005年4月に施行された電子文書法に基づく省令改正を2~3年後をメドに行うと明記。今後、薬局のフリーアクセスを保証するためサービス業者が持つべき機能、多重使用を回避する方策など、処方箋の電子化に伴う課題を実証実験で確認するとした。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録