HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【茨城県薬・県民アンケート】かかりつけ薬局、6割が持つ‐“GE薬切替”高い認知度

2013年4月15日 (月)

 茨城県薬剤師会は、昨年度の「薬と健康の週間」に合わせ、県内各地で開催された健康まつりや街頭での薬相談などで実施した医薬分業に関する県民アンケート結果をまとめた。61%が“かかりつけ薬局”があることや、“先発品からジェネリック薬(GE薬)への切り替えが可能な制度”を知っているのは86%に達することなどが明らかになった。

 アンケート調査は、今回で23回目を数える。昨年9月8日から今年2月9日までの間、県内16支部で行われた「薬と健康の週間」関連イベントの会場来場者に対して実施し4999件の回答を得た。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録